プロフィール

FX和尚

Author:FX和尚
FX歴も早いもので3年が過ぎました。
結局向き合うべき相手は自己の中にあると気がつきました。

煩悩や欲望を無にするのではなく、コントロールしてあげれば相場とうまく向き合えるのではないかと思います。
トレーダーとして、また一人の人間としての日々の成長の記録などを徒然なるままに書いていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金利と株価の関係とは?~和尚の易しい経済学入門~

皆さんこんばんは、和尚です☆
毎日暑いですね(°_°)


とりあえず昨日の雇用統計結果から。

7月米非農業部門雇用者数
+20.9万人(予想+23.0万人)

7月米失業率
6.2%(予想6.1%)



予想よりはやや弱い結果となり、ドル円も結局103で頭打ちで週を終えています。


まぁあれだけ一本調子で上げてたドル円ですが103を上抜けてこなかったのと、週末調整でやや下げて週を終えたって感じですね。


とか言いながら、発表直後はドル円ロングで拾ってましたwww


初動見て、この程度の下げやと押し目になるかなと思ったんですが、その後の下げが思ったよりキツかったですね(°_°)汗


ドル円微益撤退後、ゆろ円ショートでちょっとだけ頂きました☆


NYダウは続落、16493.37で週を終えています。
本格的な調整になりそうな予感もしなくは無いですね。。


ダウ急落の背景にはアルゼンチンデフォルト懸念であったり、欧州情勢不安であったり色々言われてますが、ここ最近米経済について良好な指標結果が続いてる中でFRBによる早期利上げ観測が広まったのが株価下落要因とも言われています。


そもそも各国の中央銀行が利上げや利下げをする目的は、言わずもがな物価の安定や景気の調整の為です。


景気が良くなるのは良い事なんですが、行き過ぎた好景気は過度のインフレを引き起こす要因となります。


その調整役が中央銀行という訳です。


では何故利上げによって、株価が下落するのでしょうか??


株価の変動要因は様々なので一概には言えませんが、主要なものを幾つかピックアップしてみます。


①金利が上がると銀行などへの金利支払いが増えるので企業の利益が減ることになり株価の下落に繋がる可能性があります。

特に借金の多い企業ではダメージが大きいことになり、銀行業界なども預金者に支払う金利負担の方が短期で上昇するので業績にとってはマイナス要因に。



②例えば住宅とか車の様な高額商品では消費者の多くがローンを組みますが、金利が上昇すると同じ金額のローンを組んでも毎月の支払金額は増えることになります。
結果として高額商品の需要が抑制されます。
自動車や住宅などの業界で売上、利益が減り、株価へのダメージが大きいことになります。



③金利が上がると預金などの投資手段と比べて株式投資の魅力が相対的に薄れます。
現在の低金利では銀行預金に全く魅力が薄いので例えば2%程度の配当や株主優待を目当てに株を買っている人が多いと思います。
こういった人たちは預金金利が上昇すれば株を売って預金や債券に戻る可能性があります。
株を売る人が増えれば株価は下落します。




とりあえずザッとこんなもんでしょう。


この説明でもちんぷんかんぷんな人はもっと勉強しましょう!(・・;)汗


ファンダ苦手と言う人は多いですが、ちゃんと勉強した上で言うてんのかなぁ~っていつも思います(*`д´*)笑


大丈夫です!
こんなん慣れですから!!爆


まずは経済の仕組みから勉強すると、その後の理解も早いですよ☆


普段なんとなく見てる経済ニュースも仕組みを理解してるのと、そうでないのとでは理解度が全然違います。


知ってる知ってないで直ちに取引に影響するかは分かりませんが、市場のセンチメントやお金の流れを知る上では知っておいても損は無いと思いますよ(^-^)


では今回はこの辺で☆
最後にポチっとよろしくです(o^^o)


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

ラインブレイクについての考察②

おはようございます。
先週末は定例の勉強会でした。
新たな気付き等もあり非常に有意義な勉強会になりました(^ ^)
意識の高い仲間と刺激しあえる環境に感謝です。

さて、今回も前回に続きラインブレイクの認識に加え、ダウ理論について整理していきたいと思います。

基本戦略としてトレンドフォローで第2波を狙う場合

①長期ラインブレイクからの押し目をロングor戻しをショート
②長期レジスタンス/サポートからの逆張りロングorショート


の2パターンがあると思います。

簡単に図解してみるとこんな感じです。
トレンド基本

うん。簡単ですね(^^;;笑

ただ実際にチャートを見ると短期足ではいい形に見える時があるんですよね。
で、ついつい衝動に駆られてエントリーして損切りを喰らってしまう(ー ー;)

まさに【木を見て森を見ず】ですね。

こうならない為に長期足のラインに極力引き付ける事、流れやスイングを常に意識してあげる事が重要です。

エントリーする形はそれぞれあると思いますが、その形が長期のどの流れのどの場面で出現するかという点が最も重要です。

チャートパターン、ローソク足を用いてのプライスアクション等々、せっかく形を覚えても使いどころを間違えては元の木阿弥になってしまいます。

長期の波形の中に、中期の波形、中期の波形の中に短期の波形を形成しながら相場は上下に動いています。

例えば上昇相場ならイメージはこんな感じでしょうか。
ダウ基本

うん。雑ですね(ー ー;)笑

まぁイメージだけでも伝わればと思います。
要はオレンジのライン付近でトレードするように心掛けるという事です。

ラインブレイクを狙う場合は長期ラインブレイクを確認してからエントリーを考える。
でないとレンジの上昇で買ってしまったり、その逆でレンジ下限で売ってしまう事になります。

どの波のどの部分でトレードするかは自分にあった方法で決めるのが望ましいですが、結局は長期のラインが意識されるので順張りであれ逆張りであれ、基本的にはどれだけラインに引きつけれるか、待てるか?!という所がポイントになります。

当たり前の事を当たり前にする。
FXではこれが非常に難しいと言われてますが、難しくしてるのも実は自分自身だったりします。

狙う波を決めてあげる。
相場を出来るだけシンプルに捉える。

これで十分ですよ。
アレコレやらない(^O^)以上ですw

参考になった方は最後に応援のポチ宜しくですm(_ _)m



人気ブログランキングへ

ラインブレイクについての考察①

こんばんは。
今回は久々に考えるシリーズです☆

テーマはラインブレイクについて。
第一回目はブレイクに至る相場の流れについて掘り下げていこうと思います。

トレードするにあたり事前戦略は絶対必要です。
ここで勝敗は決まると言っても過言ではありません。

毎回言ってますが環境認識が1番重要。

トレンドの有無、ボラティリティ、ファンダメンタルズ、市場のセンチメント…etc.

その中で僕が重要視している相場の流れについてピックアップしていこうと思います。

要は、これまでの相場がどのような流れで形成されてきたか?という事です。

長期レジスタンスライン上抜けからの第2波レジサポ転換ロングを狙いたい局面を想定してみますと、理想のパターンは以下のような流れだと思います。

ラインブレイク①

で、次にこんなパターン。

ラインブレイク②

これパッと見てもどっちが狙いやすいかと言われれば上のチャートだと思います。
下のチャートではブレイクまでにすでにボラが拡大、エネルギー放出してしまってますよね。

当然そんな事は関係なくグングン上昇する相場もありますが(._.)笑

長期レジスタンスラインブレイクという点では同じ。
ただそこに至る経緯によって強気に攻めるべきか?ブレイクはしたものの一旦頭打ちになるか?
この辺の認識は全然違ってきます。

レジスタンス超えたら次のレジスタンスまで。これが一応基本ではありますが、それまでの相場の流れを加味すると更に狙うべきラインブレイクが明確になってくるんじゃないかと考えてます。

今回はちょっと短めですが、敢えて小出ししていこうと思います(^^;;笑

次回は自分の現在の課題でもあるラインブレイクと短期ダウ・長期ダウについて掘り下げてみます。

参考になった方は最後にポチっとご協力お願いしますm(_ _)m


人気ブログランキングへ



縦軸と相場心理

こんばんは。
昨日のオージードルで気をよくしたのか、油断してました。。。

油断というか、ただの不注意、凡ミスです><


ポン円ショートしたまま、指標忘れてましたwww


逆指値は入れてましたが当然の様に滑りまくり。
-45pips・・・

久しぶりにやってもうた。。

昨日は指標に助けられたが、今日は逆に指標に殺される展開に・・・

まぁ仕方がない、自分が悪い。

取り返そうとすると泥沼にはまってしまうので今日はおとなしく勉強でも。。苦笑


さて!!気を取り直して。

今日は縦軸と相場心理について、自分の少ない知識をフル活用させてアウトプットさせて頂きます。

まず始めに水平ラインについては殆どのトレーダーが意識してるかと思いますが、何故そのライン(=価格)で止まるのかという理由まで理解できてる人は案外少ないんじゃないかと思います。
そのあたりのポイントを相場心理を交えながら見ていきましょう。

参考チャート

euraudproh4縦軸

こちらは現在のユーロオージー4時間足チャートです。
非常にラインが良く効いているのが分かります。

次にラインを引くときにどこを意識してあげるのがいいのか??
最初はわかりやすい直近の最高値、最安値でもいいかと思いますが、もっと重要なポイントがあります。

どこがトレンドの起点となっているか

つまりどこを起点として新値が更新されたのか。というポイントです。

さらに言うと大陽線&大陰線、連続陽線&連続陰線の発生の起点とも言えます。


そこを踏まえたうえでチャート上の各ポイントについて見ていきます。

①で1度高値をつけて下落。
その後再度高値トライし、あっさり高値更新。
次に①の高値まで落ちて②でレジサポ転換。

①で売っていた人:最初は順調だったのに高値更新してしまった!やばいかも・・

②に来た時に①の売り勢は、やばそうなので一旦建値で逃げる→売りの決済なので買い戻し。

さらに新規参入者はレジスタンス突破後の押し目②で買いたい。

売り勢の買戻し+新規買いによって一気に値が伸びる。


②で売りを建値で逃げれた人はホッと一安心。
では建値で逃げれなかった人はどうなるか・・・

押し目らしい押し目も無く一気に500pips上昇。
ここで逃げれなかった人は完全に捕まります。
そして今更損切りなんて出来ないよ!!と塩漬けにしてしまうのです。笑

そして約1ヵ月後・・・

奇跡的に④まで値が落ちて来ました。
捕まってた売り勢は歓喜!!笑

-500pipsがチャラに出来るチャンス到来です。
約1ヶ月塩漬けになってた売りポジション、あなたならどうしたいですか??


チャラにしたいですよね。当然です。笑

④で捕まってた売り勢が建値で逃げます→売りの買戻し

更に買いそびれた新規参入者が慌てて買いに来ます。だから④で反発します。


今度は③のポイントについて。
ここは先ほどとは逆に高値を掴まされた買い勢が捕まったポイントです。

ダブルトップをつけてネックライン割れを引き起こす最初の起点となったのが③のポイントです。

そして現在また⑤のポイントで止められています。(日足上昇トレンドなので反発は弱いですが)

理由は先ほどの解説の通りです。


このように相場心理も含めてチャートを見てあげるとチャート上の値動きが相場心理に如実に現れるのが実感できると思いますよ^^

参考になった方は最後に応援ポチお願いします!


人気ブログランキングへ



縦軸と横軸

こんばんは。
年末年始の連休も終わり、サザエさん症候群に陥ってる方も多数おられると思いますが(笑)、為替の方も年始営業開始でいよいよ本番って感じですかね。
やっぱり動いてナンボの相場ですもんね。いい動きに期待したいです。


さて記念すべき新ブログ第1回目ですが、縦軸と横軸についての思考をアウトプットさせて頂こうかと。
僕自身もまだまだ未熟なトレーダーですが、少しでもお役に立てれば幸いです。


まずそもそも縦軸、横軸って何やねん!?
って方もいらっしゃると思いますので一応定義的なものを。。


縦軸=価格、レート
横軸=時間推移



というのが基本的な考え方です。


で、縦軸と横軸どっちを優先させるの??
って話になるんですが、やっぱり縦軸を見てるトレーダーの方が多いと思いますし、大口のオーダーやオプションに絡んだ値動きなんかも全部縦軸での話です。

例えば為替ニュースなんかで、「ドル円100.00円に大口の買いオーダー・・」みたいな記事を見た事ありません?
これも実際の為替レートを使ったオーダーになるので縦軸判断になります。


じゃあ横軸って必要ないんか・・・と思われがちですが、全然そんな事ないですよ。

和尚的には両方大事っていうのが結論です!笑

縦軸横軸

この図からもおわかりの通り、縦軸だけの判断だと①でもエントリーできますが、②の方が戻りも弱いので再下降の可能性も高く断然安心できませんか?


これとは逆に横軸だけでトレードする人もいてますが、これもダメ。
MA反発だけを見たり、チャートの形だけを追ったトレードになりがちです。(←つい最近までの自分w)


要するにこういう事です。

トレードプランを作成する際には縦軸を見てあげる。

どこで売り買いの攻防が切り替わるか。
切り替わったら次のターゲットはどこか。


次にレートがそこに来た時に、実際の値動きを横軸で判断した上でエントリーすべきか見送るべきかを確認。
両方の根拠がOKならエントリー!!

という流れになります。


最後に補足ですが、縦軸ブレイクをきっかけとした相場の波形リズムの変化にも注意しておくと尚良しです。

以下のチャートは先週のポンドドル30分足チャートになります。

gbpusdm30転換リペム

このチャートでは1.6541にある水平ラインが意識されてたので、このライン下抜けブレイクをきっかけに下落の勢いが加速しました。

このチャートの様に上昇→下落の際に特にこのパターンが出やすいです。

しつこい様ですが、重要なので繰り返します!


縦軸でトレードプラン作成、売り買いの攻防をチェック。

横軸で実際のエントリーのタイミングを計る。

常に左側の波形リズムを意識して、そのリズムの変化に自分をアジャストさせる。


はい、全部スーパートレーダーO氏の受け売りですね。。

これさえ出来れば、まあ負けることは無いでしょう。笑


こんな感じで日々気付いた事をがっつりアウトプットさせて頂きます!!

参考になった方は最後に応援ポチ宜しくです☆


人気ブログランキングへ








| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。