プロフィール

FX和尚

Author:FX和尚
FX歴も早いもので3年が過ぎました。
結局向き合うべき相手は自己の中にあると気がつきました。

煩悩や欲望を無にするのではなく、コントロールしてあげれば相場とうまく向き合えるのではないかと思います。
トレーダーとして、また一人の人間としての日々の成長の記録などを徒然なるままに書いていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

縦軸と横軸

こんばんは。
年末年始の連休も終わり、サザエさん症候群に陥ってる方も多数おられると思いますが(笑)、為替の方も年始営業開始でいよいよ本番って感じですかね。
やっぱり動いてナンボの相場ですもんね。いい動きに期待したいです。


さて記念すべき新ブログ第1回目ですが、縦軸と横軸についての思考をアウトプットさせて頂こうかと。
僕自身もまだまだ未熟なトレーダーですが、少しでもお役に立てれば幸いです。


まずそもそも縦軸、横軸って何やねん!?
って方もいらっしゃると思いますので一応定義的なものを。。


縦軸=価格、レート
横軸=時間推移



というのが基本的な考え方です。


で、縦軸と横軸どっちを優先させるの??
って話になるんですが、やっぱり縦軸を見てるトレーダーの方が多いと思いますし、大口のオーダーやオプションに絡んだ値動きなんかも全部縦軸での話です。

例えば為替ニュースなんかで、「ドル円100.00円に大口の買いオーダー・・」みたいな記事を見た事ありません?
これも実際の為替レートを使ったオーダーになるので縦軸判断になります。


じゃあ横軸って必要ないんか・・・と思われがちですが、全然そんな事ないですよ。

和尚的には両方大事っていうのが結論です!笑

縦軸横軸

この図からもおわかりの通り、縦軸だけの判断だと①でもエントリーできますが、②の方が戻りも弱いので再下降の可能性も高く断然安心できませんか?


これとは逆に横軸だけでトレードする人もいてますが、これもダメ。
MA反発だけを見たり、チャートの形だけを追ったトレードになりがちです。(←つい最近までの自分w)


要するにこういう事です。

トレードプランを作成する際には縦軸を見てあげる。

どこで売り買いの攻防が切り替わるか。
切り替わったら次のターゲットはどこか。


次にレートがそこに来た時に、実際の値動きを横軸で判断した上でエントリーすべきか見送るべきかを確認。
両方の根拠がOKならエントリー!!

という流れになります。


最後に補足ですが、縦軸ブレイクをきっかけとした相場の波形リズムの変化にも注意しておくと尚良しです。

以下のチャートは先週のポンドドル30分足チャートになります。

gbpusdm30転換リペム

このチャートでは1.6541にある水平ラインが意識されてたので、このライン下抜けブレイクをきっかけに下落の勢いが加速しました。

このチャートの様に上昇→下落の際に特にこのパターンが出やすいです。

しつこい様ですが、重要なので繰り返します!


縦軸でトレードプラン作成、売り買いの攻防をチェック。

横軸で実際のエントリーのタイミングを計る。

常に左側の波形リズムを意識して、そのリズムの変化に自分をアジャストさせる。


はい、全部スーパートレーダーO氏の受け売りですね。。

これさえ出来れば、まあ負けることは無いでしょう。笑


こんな感じで日々気付いた事をがっつりアウトプットさせて頂きます!!

参考になった方は最後に応援ポチ宜しくです☆


人気ブログランキングへ








スポンサーサイト

<< トレードと禅的思考 | ホーム | 新年明けました!! >>


コメント

ウェルカム

FC2へいらっしゃ~い☆
挫けず、腐らず、ただ淡々と良きところでエントリー
していきましょう。
相場の原理原則を追求しつづけよう。
安慈和尚

Re: ウェルカム

院長コメントありがとうございます!!
まさかのオーナーブログにリンクが。。。
やばいっす!更新サボれなくなりました。笑

この縦軸と横軸の話いいですよ。
ではもう一つ深化したお題を。
この縦軸と横軸を、小学校の理科の実験でやった、1日の気温の変化になぞらえて
温度計と1時間毎の気温グラフを用いて述べよ。
どうでしょう?

Re:

オーナーさん、おはようございます!
コメントありがとうございます♪

自分にはかなりの難題です(ー ー;)

色々考えてみました。
まず1日の気温の変化は基本的に早朝〜朝低く、朝〜正午に向け右肩上がりに上昇、午後2時頃ピークを迎え、その後は右肩下がりに気温は下がっていく。

これをトレードに当てはめた時、市場参加者の推移(もしくは出来高)と関係ありますかね??^^;

上昇ブレイクを例に挙げると、ある価格で横ばい推移してたものが、あるきっかけでブレイク。時間経過と共に参加者も徐々に増える、なので更に価格も上昇。
価格がピークを迎えると共に参加者の中には利確組も現れはじめ、徐々に参加者が抜けていく。なので徐々に価格も下落する。

オーナーさんが良く言われる、「そこじゃ遅いんだよ」って言うのもここら辺を意識してあげればいいのかなと思いますし、だからこそ価格が伸びる所でエントリーするのが重要なんじゃないかと。

僕の見解はこんな感じです。
的外れでしたらなんなりとご指摘下さい!笑

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。